超小型カラーCCDカメラ  究極の超小型CCDカメラ LED光源付き

CCN3412Lハンディーアルファ
超小型CCDカメラ
(LED光源付き)


CCN3412L (LED光源付き)
超小型CCDカメラ ハンディアルファ CCN3412L
映像出力信号は一般のテレビ信号と同じNTSC方式。お手持ちのテレビがモニターとしてそのままご利用になれます。
ビデオキャプチャーを用いれば、パソコンへも映像を取り込めます。
光源は特に、拡大撮影時に威力を発揮します。
税込価格¥88,560(本体¥82,000)  数量:

■特徴
CCN3412Lハンディーアルファ


● 光量不足に威力を発揮

特に、オプションのレンズアダプターを使用した拡大撮影の光量不足に威力を発揮します。
光源を先端から離し、導光管に光を反射させることで、拡大撮影に最適な、柔らかい光を出します。

超小型CCDカメラ ハンディアルファ CCN3412L


●狭い場所でも使用可能

光源付きながら、カメラヘッドの大きさは、わずかφ14mm×100mm。
またコントローラーとCCDカメラヘッドを切り離して、直径4mm、長さ960mmのケーブルで接続することにより、狭い場所での使用も可能です

超小型CCDカメラ ハンディアルファ CCN3412L
●オプションとの併用で、拡大撮影が可能

オプションのレンズアダプターを用いれば、拡大(マクロ)撮影が可能になります。

超小型CCDカメラ ハンディアルファ CCN3412L ●使い方もシンプル

究極の小型化を実現するために、電源スイッチさえ省略しました。
ACアダプターを接続するだけで、電源が「ON」になります。
あとは付属のAVケーブルで、テレビと接続すれば画像を見ることが出来ます。


■使用方法
下の接続例のいずれかで接続し、画像を見ながらフォーカス調整をおこなってください
また導光管が画面に写り込む場合は、カメラヘッドの調整も併せて行ってください。
●接続例 
超小型CCDカメラ ハンディアルファ CCN3412L
●フォーカス調整
超小型CCDカメラ ハンディアルファ CCN3412L 導光管を外し、先端のレンズ部を回して調整します。
●カメラヘッドの調整
超小型CCDカメラ ハンディアルファ CCN3412L
1.導光管を取り外す。
2.六角レンチ(M2)でイモネジを取り外す。
3.CCDカメラのヘッドを、導光管の先端のわずか手前まで押し出す。

■セット内容 ■仕様
超小型CCDカメラ ハンディアルファ CCN3412L

○ CCDカメラ本体
○ AVケーブル
○ ACアダプター

※セット内容は予告なく変更することがあります


 センサー
 1/7インチ CCD
 赤外線カットフィルター
 有
 表示画素数
 34万画素
 画素ピッチ
 4.52×4.52μm
 走査方式
 2:1インターレース
 映像出力信号
 NTSC コンポジットビデオ
 画角
 51°(水平) 42°(垂直)
 焦点距離
 f=2.1mm
 明るさ
 F=2.8
 筐体素材
 透明カバー:アクリル、ヘッド(カメラ部):アルミ
 本体:ABS樹脂
 ヘッド・本体重量
 60g (ACアダプター別)
 使用温湿度
 0〜40℃、20〜80%(結露なきこと)
 電源電圧
 DC12V
 消費電流
 約150mA
*仕様は予告なく変更することがあります

■外観寸法

超小型CCDカメラ ハンディアルファ CCN3412L


Page top